MANAGEMENT

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントに対する取り組み

つばさ交通の安全宣言

私たちは、安全を最優先します。
私たちは、交通ルールを守ります。
私たちは、模範運転に努めます。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

① 輸送の安全の確保が最優先される
②社内の安全輸送の高い意識
③ 安全輸送の法令遵守とPDCAサイクルによる改善

2.重点施策と目標

① 全社員の安全意識の向上
② 輸送の安全に関する有効な投資に努めます。
③ 輸送の安全に関する内部監査をし是正・予防に努めます。
④ 輸送の安全に関する教育計画を策定し、実施します。
⑤ 情報を社内において共有できる体制をつくり、安全な輸送の向上に生かします。

3.輸送の安全に関する目標および達成状況

① 平成29年度の達成状況
目標:無事故無違反

(1) 重大事故発生数 0件
(2) 有責事故発生数 4件
(3) 非責事故発生数 1件
(4) アルコール検知事案 0件

(すべて0件を達成できませんでした。)

② 平成30年度の目標
無事故無違反
(具体的テーマ:安全車間距離確保の徹底)
☆ 当社ではこれらを達成するために車両への衝突防止装置の設置や安全カードを作成し指示書に入れて、かつバス内でもわかるようにしております。

4.安全に対する投資

① 平成29年度の達成状況 137,298,820円

車両更新 133,854,284円
GPS付IP無線システム 538,920円
ドライブレコーダー 644,598円
デジタルタコグラフ 251,478円
衝突・車線逸脱防止補助装置 89,980円
冬用タイヤ経費 1,892,560円
アルコール検知器 27,000円

② 平成30年度の投資予定 53,600,000円

車両更新 50,000,000円
GPS付IP無線システム 500,000円
ドライブレコーダー 500,000円
デジタルタコグラフ 200,000円
衝突・車線逸脱防止補助装置 200,000円
冬用タイヤ経費 2,000,000円
アルコール検知器・モバイル用 200,000円

⑤ 乗務員の安全に対する意識改革
ヒヤリハット報告書の活用、年間優秀発表者のプレゼンテーション会やドライブレコーダーを利用した危険予知トレーニングの実施。

⑥ 事故再発防止への取り組み
起こった事故の内容について社員が把握し、日常業務に活かす。事故報告書を使用した社員へのケーススタディーの実施

⑦ 健康管理への取り組み
乗務の前の日就寝前の飲酒を控える。アルコールがどれくらい身体に残るかを講習する。常に注意喚起する。成人病の予防、各自への健康管理の意識作り。

⑧ 情報の共有
バス協会・国土交通省などから得られた情報を常にいち早く乗務員に発信する。
道路情報・気象情報など、現場情報・マスコミ情報を事務所、現場乗務員と共有するための緊急時の連絡体制の確立をする。

⑨ 管理者教育
運行管理者・整備管理者・役職者への安全教育を推進する。NASVAなどの外部講習会など積極的に活用する。バス協会などより情報収集をする。

6.内部監査

役員と安全統括管理者による内部監査を年に1回以上実施する。
監査結果を速やかに社長に報告し、社長は必要に応じて是正措置又は予防措置を継続的に講じるとともにマネジメントレビューに活用をする。

7.安全管理規程

※ 別紙にて

乗務員年間教育指導計画PDF

乗務員年間教育指導計画予定PDF

安全管理規程PDF

採用情報

明日に向けて挑戦し続ける私達と一緒に働きませんか

採用情報をみる

お電話でお問い合わせ
0564-55-2626
メールでのお問い合わせ

こちらから

お見積り

こちらから